There is more pleasure in trying than in staying.

How to enjoy mapping, modding, playing osu!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Modされたら必ず修正しなければいけないのか?

いくつも譜面を作ってRankさせた経験のある方ならともかく、Mod集めも手探りな段階の方には「Modに書いてあることがあんまり良いとは思えないけど…直さないといけないのかな?」という悩みを抱える方もいらっしゃることでしょう。

結論から書くと、そんな義務はありません。

ModというのはMapperとModderの対話の場であり、あくまで対等の関係でのやり取りです。
そこに「せっかく時間をかけてModしてもらったのに、直すのを拒否するのはちょっと…」という遠慮は要りません。
Modderに対する対価を気にするのなら、Kudosuを1個あげておけばそれで十分です。

と言っても、まだ駆け出しのうちは、素直に受け入れた方が良いケースもあります。
譜面作りの左右がわからない段階では、まずはModderに見てもらって、数多くの意見を取り入れて自分の譜面を改善することが重要です。
取捨選択はその段階を終えてからでも決して遅くはないでしょう。

中には、確固たるこだわりを持ってModderからの真っ当な提案を拒否するMapperもいます。
自分のスタイルを貫くのも大事なことであり、簡単に自分の譜面の根幹とも言える部分を他人の意見で曲げてしまうと、個性のないありきたりな譜面になってしまいます。
と言っても全体的に評価すると、Modderの言うことの方が一般的かつ正しいことの方が多いです。僕の経験上6割くらい。
譜面を作ったばかりのMapperは、例えるなら産後ハイで子供に馬鹿な名前をつけてしまう親に似ているので、そのとき気に入った箇所があってModderから指摘されても修正を拒否していたのが、半年くらい置いて再度見てみると逆に自分がModderに同意してしまうなんてこともままあります。

何もわからない子供の頃は親に赤信号では道路を渡ってはダメ、きちんと左右を確認してから渡るようにと教育されますね。
駆け出しのMapperとModderの関係のようです。
それが成長すると、赤信号でも安全なときは自分で判断して信号無視するようになりますね。
熟練したMapperのようですね。

最後よくわからん例えをしましたが、まとめると
『最初はとにかく意見を取り入れろ』
『慣れてきたら自分で取捨選択しろ』
ということですね。

| osu!Mapping | 15:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://osusuzu.blog95.fc2.com/tb.php/164-e1372115

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。