There is more pleasure in trying than in staying.

How to enjoy mapping, modding, playing osu!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

譜面のルールの意義とは

真面目な話じゃなくて小話です。あと個人的見解


譜面作りを通して他の人と触れ合っていると、よく聞くじゃないですか。

「なんでこんなルールあるの?」

わかります、存在意義のわからないルールはたくさんあります。
しかも無視されているルールや、抵触しても容認されるルールすらあります。
ルールなんてその時のやる気のあるモデレータがその時の気分で決めるものですから、なんだかよくわからんものも多いんです。だって人間だもの。
でもね、こういう声も聞くんですよ。

「もっと自由に譜面をRankさせてほしい」

わかりません、何を求めているのかがわかりません。
“ルールが厳格すぎるから、自由な譜面を作れない”ということらしいです。
いや、作れるでしょ。
作ってアップロードすりゃそれでいいじゃないですか。
Rankさせる必要なんてありますか?
Rankedと非Rankedの違いなんて、ランキングの有無だけですよ。
Rankさせようと思ったら、その譜面で多くのプレイヤーに同じ土俵で競わせることになるんだから、そりゃルールだって必要ですよ。
なんでRankedにこだわるんですか。
多くの人にプレイしてもらえないから?
そんなことないでしょ。非Ranked時代から有名な譜面だってたくさんあるじゃないですか。
単純に、譜面をRankさせたというステータスが欲しいんじゃないですか?
だからこそ、譜面をRankさせないと“その譜面に価値が無い”とでも考えてるんじゃないですか?


ステータス目当てで譜面をRankさせることは良いんです。普通の人間はそれ目当てです。
でもね、そういう感情を裏に隠して
「ルールがクソだ!」「もっとマッパーを自由にさせろ!」
と糾弾するのは、まったくもって理屈の通らない話だと思うんですよね。


とまぁ、国内外でよく聞く声に対しての個人的見解でした。

| osu!Mapping | 21:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

限られたルールの中でどれだけぶっ飛んだ譜面を作れるかを競うゲーム

| Holoaz | 2014/01/10 23:42 | URL |

Re: タイトルなし

> 限られたルールの中でどれだけぶっ飛んだ譜面を作れるかを競うゲーム
※イケメンに限る

| Suzully | 2014/01/10 23:42 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://osusuzu.blog95.fc2.com/tb.php/162-c2ef25f9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。