There is more pleasure in trying than in staying.

How to enjoy mapping, modding, playing osu!

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Taiko Modのいろは

TK塩さんがTaiko Modのいろはについてブログ記事にしていました。
スタンダード譜面のModにも通じる部分が多々ありますので、ぜひ参考にしてください。
良いModとだめなMod(Taiko)
スポンサーサイト

| osu!Modding | 00:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Modの例文集?

みたいなのがあったらこれからMod始めたいって人にとって良いかもわからんね

てなわけで書くかもしれないリストに入れときます

| osu!Modding | 02:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Modの上達のために

いやぁ、なかなか講座の方を書けなくて申し訳ないです。
書き始めるまでのつなぎとしてはなんですが、Modは人のものを見るのも非常に参考になるという話をしたいと思います。

まずエラーチェックなどに必要な知識を勉強するなどの初歩的なものは省いて(講座ではちゃんと解説する予定です)、譜面のどういった部分を見るのか、と言った発展的な内容はなかなか手が届きにくいものです。
ヒットサウンドやニューコンボのチェックはわかりやすいので、Modを始めたばかりの人はそれらを中心に見ていくのが良いと思います。しかし、ヒットサウンドは一定水準以上では個人の好みに依る要素も大きく、ニューコンボに関してもよっぽどぶっ壊れていない限りはゲームプレイにはあまり関係しません。言ってしまえば、"譜面を改善は出来るが、ゲームプレイをより良くするには効果の低いMod"ということになります。
もちろん、最初はこれで構いません。しかし、Modにこなれてきたら、ゲームプレイに影響する部分をどんどん見ていくのが、自身のModのクオリティを上げる第一歩になります。
あまりここで書くと講座で書く内容が薄くなってしまうので細かいところからは解説しませんが、そのスキルを上げるにはどうしたらいいのか、と言いますと、やはりModの上手い人が書いている内容を参考にすることです。
上手い人の上手い部分はどんどん真似をしましょう。

というわけでここからが本題です。
本当はMAT/BATのModを参考にするのが一番ですが、全部英語で書かれていますよね。すべての人が気軽に利用できるバイブルにはなり得ません。そこで、日本人でModをしている人で、高いスキルを持った人を並べておきたいと思います。
教材は多いかつ新鮮な方がいいので、スキルが高くてもあまり最近アクティブでない人は除外しています。

(敬称略)
Melophobia
terametis
kosiga

個人的に、日本人で一定水準以上のModができて、かつアクティブに活動しているのはこの3人だと思います。
Modを始めたがいまいち上達することができない。そんな人にオススメです。どんどん参考にしていきましょう。

| osu!Modding | 12:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。