There is more pleasure in trying than in staying.

How to enjoy mapping, modding, playing osu!

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

譜面作りで大切なこと

譜面をプレイしていると「この譜面は楽しいなあ」とか「この譜面はプレイしやすいなあ」とか感じることが数多くあると思います。
それを感じさせる要素は様々ありますが、今回はその中でも譜面作りで最も意識すべきことに焦点を当てた記事を書いてみます。

それは、正確な音取りです。
音取りとは、曲の音に合わせてノートを置くことを指します。
正確な音取りをしている譜面が必ずしも面白いとは限りませんが、音取りが不安定な譜面は総じて面白くないものです。

じゃあどうすれば正確な音取りができるの?
と聞かれれば、根本的なところで言えばとにかく曲をしっかりと聞くことなのですが、それを譜面に落とし込む際に意識すべき重要なポイントを2点、挙げてみましょう。

1.不規則な音の取り方をしない
それまで同じリズムで叩けていたのに、いきなりリズムが変わって叩くタイミングを間違えてしまった!
皆さんはこんな経験はありませんか?
これには配置の仕方も関わってくるのですが、大きなファクターは音の取り方にあると思っています。
例えば、それまでドラムの音に合わせて一定のリズムでノートが置かれていたのに、突然それが無くなってギターをフォローし始めたと思ったら今度はボーカルに合わせ始めて次はベースに…なんて音取りをしていたら、プレイヤーは全神経を集中してノートのタイミングを読み取らなければいけません。
「音を正確に拾うこと」=「すべての音に合わせてノートを置くこと」ではないのです。
ドラムを拾うところはドラムを、ボーカルを拾うところはボーカルを、と規則性を持たせたリズムでノートを置くことで、プレイ感が向上するでしょう。
しかし、曲によってはどうしても今フォローしている音とは別の音を拾いたい場面があるかもしれません。
そのときは配置との兼ね合いを意識して工夫すれば良いでしょう。

2.自分で音を作らない
昔こんなことがありました。
とある譜面を見ていて、その曲はサビの前に一定時間何も音がない静かな箇所があったのです。
ところが、その箇所にFinishサウンドが乗ったノートが置かれ、それがサビが始まるまで続いていました。
この意図をマッパーに聞いてみたところ、「サビまでを盛り上げるために音を作っているんだよ」という回答が返ってきました。
これは大きな間違いです。
そもそも音を作るのは作曲者であって、リズムを作るのがマッパーです。
マッパーが独自に作った音というのは、その音だけ浮いてしまって耳障りなものになってしまいます。
昔からの流行りで、よく強拍の頭に3連打を加えている譜面がありますね。
そういったものは楽しく叩くことができますが、それはリズムを作っているからです。
リズムを作ることと音を作ることはまったく違います。
そこを履き違えてはいけません。

以上、重要なファクターを2点取り上げてみました。
譜面作りの際はぜひともこれらを意識して取り組んでみてください。

スポンサーサイト

| osu!Mapping | 18:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SB講座 by もやし

ついに奴が動き出したようだ・・・

http://patche2.blog33.fc2.com/blog-entry-35.html

| osu!Mapping | 02:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Modされたら必ず修正しなければいけないのか?

いくつも譜面を作ってRankさせた経験のある方ならともかく、Mod集めも手探りな段階の方には「Modに書いてあることがあんまり良いとは思えないけど…直さないといけないのかな?」という悩みを抱える方もいらっしゃることでしょう。

結論から書くと、そんな義務はありません。

ModというのはMapperとModderの対話の場であり、あくまで対等の関係でのやり取りです。
そこに「せっかく時間をかけてModしてもらったのに、直すのを拒否するのはちょっと…」という遠慮は要りません。
Modderに対する対価を気にするのなら、Kudosuを1個あげておけばそれで十分です。

と言っても、まだ駆け出しのうちは、素直に受け入れた方が良いケースもあります。
譜面作りの左右がわからない段階では、まずはModderに見てもらって、数多くの意見を取り入れて自分の譜面を改善することが重要です。
取捨選択はその段階を終えてからでも決して遅くはないでしょう。

中には、確固たるこだわりを持ってModderからの真っ当な提案を拒否するMapperもいます。
自分のスタイルを貫くのも大事なことであり、簡単に自分の譜面の根幹とも言える部分を他人の意見で曲げてしまうと、個性のないありきたりな譜面になってしまいます。
と言っても全体的に評価すると、Modderの言うことの方が一般的かつ正しいことの方が多いです。僕の経験上6割くらい。
譜面を作ったばかりのMapperは、例えるなら産後ハイで子供に馬鹿な名前をつけてしまう親に似ているので、そのとき気に入った箇所があってModderから指摘されても修正を拒否していたのが、半年くらい置いて再度見てみると逆に自分がModderに同意してしまうなんてこともままあります。

何もわからない子供の頃は親に赤信号では道路を渡ってはダメ、きちんと左右を確認してから渡るようにと教育されますね。
駆け出しのMapperとModderの関係のようです。
それが成長すると、赤信号でも安全なときは自分で判断して信号無視するようになりますね。
熟練したMapperのようですね。

最後よくわからん例えをしましたが、まとめると
『最初はとにかく意見を取り入れろ』
『慣れてきたら自分で取捨選択しろ』
ということですね。

| osu!Mapping | 15:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

譜面のルールの意義とは

真面目な話じゃなくて小話です。あと個人的見解


譜面作りを通して他の人と触れ合っていると、よく聞くじゃないですか。

「なんでこんなルールあるの?」

わかります、存在意義のわからないルールはたくさんあります。
しかも無視されているルールや、抵触しても容認されるルールすらあります。
ルールなんてその時のやる気のあるモデレータがその時の気分で決めるものですから、なんだかよくわからんものも多いんです。だって人間だもの。
でもね、こういう声も聞くんですよ。

「もっと自由に譜面をRankさせてほしい」

わかりません、何を求めているのかがわかりません。
“ルールが厳格すぎるから、自由な譜面を作れない”ということらしいです。
いや、作れるでしょ。
作ってアップロードすりゃそれでいいじゃないですか。
Rankさせる必要なんてありますか?
Rankedと非Rankedの違いなんて、ランキングの有無だけですよ。
Rankさせようと思ったら、その譜面で多くのプレイヤーに同じ土俵で競わせることになるんだから、そりゃルールだって必要ですよ。
なんでRankedにこだわるんですか。
多くの人にプレイしてもらえないから?
そんなことないでしょ。非Ranked時代から有名な譜面だってたくさんあるじゃないですか。
単純に、譜面をRankさせたというステータスが欲しいんじゃないですか?
だからこそ、譜面をRankさせないと“その譜面に価値が無い”とでも考えてるんじゃないですか?


ステータス目当てで譜面をRankさせることは良いんです。普通の人間はそれ目当てです。
でもね、そういう感情を裏に隠して
「ルールがクソだ!」「もっとマッパーを自由にさせろ!」
と糾弾するのは、まったくもって理屈の通らない話だと思うんですよね。


とまぁ、国内外でよく聞く声に対しての個人的見解でした。

| osu!Mapping | 21:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SB作り

今メドレー曲をコラボして譜面作ってるんですが、色々とSBを加えてます。
SBは簡単なフェードや画像を動かすことはすぐ覚えられるのですが、いかんせんインタフェースが直観的にわかりづらいこともあり、なかなか手を出せずにいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
てなわけで、その譜面のSBが完成したら、それと照らし合わせながら簡単な講座記事でも書こうかと思ってます。




まず完成まで半年はかかるでしょう。

| osu!Mapping | 20:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。